「劇団風の子」は日本全国及び海外で公演をしている児童演劇専門劇団です

 
 

042-652-1001

教師・保育者対象

HOME > 風の子とは > ワークショップ > 教師・保育者対象

子どもと向き合う大人のためのワークショップ

イメージドラマを遊ぶ

生きること、それは表現すること!

び・遊び合い―関わり・関わり合う

心と体を開放し楽しく”遊び心”を磨くワークショップ

 手、顔、体全体を使って、イメージの世界を楽しく遊び合う。うまい、へた、できる、できないにこだわらず、今の自分をそのまま出すことからの出発。集団で表現する楽しさを通して、新たな自分を発見し、コミュニケーションの原型を探ってみよう。

中島研の“おとなも遊び隊”

 

 お手玉遊び、つながり遊び、イメージ遊びを軸に、ただ遊ぶだけでなく遊び切るとはどういうことかが体感できます。おとな同士関わり合う中で、人間が豊かに生きあっていくってどういうことか、その素を追求し発見をめざします。子育て真っ最中の方から学校の先生、保育士の方に、自分を創る場として大好評のワークです。
対象は中学生~大人、人数は30人が理想。1回のワークでも可能ですが連続ワークがお勧めです。


 講師:中島研

 1970年、劇団風の子に入団。演出家。現在まで、子どもの視点にたった実験的で新しい作品を創り続けている。海外での活動も盛んで2002年日韓合同公演「マンナム」の演出をはじめ多くの国で作品が上演され高い評価を得ている。2006年より国際児童演劇研究所所長。

ただ今、笑顔・満開・劇あそび

 子どもはみんな天才役者です。なにしろみんな、まねっこの大天才なのですから。おままごとしているときの子どもたちの演技は、まさに名役者。思わず「まいりました」と言ってしまうほどの、なりきりと観察力です。でも、幼稚園保育園の劇発表会や練習の時、子どもたちの目が輝やいていないことがあるのはなぜでしょうか。

・年齢にあわせて毎日できる表現遊び

・題材の選び方

・幼児の劇の稽古の進め方

・劇発表会当日の流れ

・演出について

 

大森靖枝の子育てトーク

 子どもたちとたくさんたくさん、劇遊びをしてきました。おとなになって劇団に入ってから、知り合いの幼稚園・保育園にお願いして乳幼児として体験入園をさせていただきました。そんな中から感じていることをお話しします。

・子どもたちの自己肯定感を育むために大切なことはなんでしょう。

・子どもたちが自発的にいきいきと表現するためにおとなができることって何でしょう。

・子どももおとなも遊びを通して獲得する“生きる力”って何でしょう。

・現代の“スマホ子育て”で見えてきていることはなんでしょう。

 対象は、乳幼児の保護者、幼稚園・保育園の先生。おとなだけなら人数は何人でも、時間は90分。親子ワークの後10~40分も可能です。たとえば園の保護者会のとき、親子ワークをしてその後でも可能です。


講師:大森靖枝

 劇団風の子東京所属。京都の人形劇団で公演活動後、1980年に劇団風の子に入団、幼児対象の「小さい劇場」班に所属し、近年は、劇ごっこ「もりのたぬきさん」等の観客も巻き込んで楽しむ公演や、保育士・幼稚園研修会、子育て表現遊びの講座を行う。著書「なりきりあそび」「ワクワク表現あそび」

表現ワークショップ

遊びを通して表現力、コミュニケーション力を発見!
 遊びの中には、表現すること・コミュニケーションがたくさん含まれています。このワークショップでは、実際に遊びながら、表現すること・コミュニケーションの楽しさや難しさを参加者と発見していきます。

なりきりかくれんぼ/いろんな色鬼/とんとんぱ/リーダーを探せ/2人でお絵かき/表情伝達ゲーム/何食べてるの?/一枚の絵/4コマ劇場/なりきりファッションショー等


講師:大澗弘幸

 北海道生まれ。学生時代から人形劇の作品を生み出す。1985年、劇団風の子入団。主に小学生、中学生対象作品に出演。近年は、小作品の演出、創作、脚色。小学校学芸会指導、中学校演劇部指導、表現ワークショップの講座を行い、日々子どもたちとかかわっている。風の子児童演劇研究所講師。

 

 

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

Copyright (C) 2017 Gekidan Kazenoko All rights reserved.