「劇団風の子」は日本全国及び海外で公演をしている児童演劇専門劇団です

 
 

042-652-1001

風の一座

HOME > 幼保対象作品 > 風の一座

風の一座

「子どもは風の子、天の子、大地の子」
今日も、子どもたちの心に響く風を吹かせます。

作品について

■     イメージ遊び
手をつないだり、顔やからだが触れ合って、イメージして、そして生まれる遊びの数々。

■     とばして遊ぶ
おはなし「いろいろな雲」
紙や布や紙ヒコーキを風にのっけて、飛ばしてみると・・・

 ■     お芝居
 「奥山譚」(おくやまばなし)作/多田徹 上演台本/大澗弘幸         
 
「おばけたんぽぽ」作/岡本颯子

 

あらすじ(どちらかをお選びいただきます)・・・

「奥山譚」(おくやまばなし)作/多田徹 上演台本/大澗弘幸         
 ある日、山奥でひとりで暮らしているお爺さんのところに、豆太という子どもがやってきた。「とうちゃんとかくれんんぼしていて、ここにきた」という。おなかのすいている豆太にごちそうをしてやると、すやすや寝てしまった。おや、よくみると豆太の尻にしっぽが・・・。思わず鉄砲をかまえる爺さん・・・。が、しかし、あまりにかわいい豆太の寝顔。そこへ、大だぬきを追って猟師がやってくる・・・

「おばけたんぽぽ」作/岡本颯子
世界でいちばんちいさな国の、世界でいちばんちいさな野原に、世界じゅうからたんぽぽのわた毛がとんできました。たんぽぽのわた毛がまあるくあつまると、雨がふり、おひさまが照り、今まで見たこともない大きな大きなたんぽぽが咲きました。   
国じゅうから、いろんな人が、このたんぽぽのまわりに集まると、とてもふしぎなことが起こりました。

 

公演にあたり


作品名 風の一座
上演時間 1時間
準備時間 2時間30分
後片付け 1時間30分
公演可能時期  2018.7月、2019.1~3月
公演班人数 3人
会場条件 4間×3間
備考  

スタッフ

構成・演出/中島 研 演出助手/大澗弘幸 美術/有賀二郎
音楽・効果/曲尾友克 衣裳/岡本颯子 振付/桐山良子
制作/大森靖枝    

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

Copyright (C) 2017 Gekidan Kazenoko All rights reserved.