「劇団風の子」は日本全国及び海外での公演をしている児童演劇専門劇団です
 
HOME > 風の子とは・・・研究所とは

       

国際児童演劇研究所は、来期の募集は行っておりません。

ただ今、充電中


  

 「国際児童演劇研究所」は、老若男女問わず、集まってきたメンバーが、ともに子ど

ものこと、児童演劇のことを研究する場所のことです。研究生は、児童演劇に関わる

講師、スタッフ、風の子の全劇団員と関わりながら1年4ヶ月間、子どもと児童演劇の

研究を重ねていきます。そうすると、どうしても向かい合うことになるのは、自分自身

のようです。自分がどう考えるか、自分がどう表現するか、自分がどう生きるか。仲間

と講師と関わりながら、体を動かし、ふれあい、遊びこむと、「あれ?自分ってなんだ

ろう、私ってこんな人?なんかわからないけど、体が、心が、動く!」と、人間本来の

「生」を感じているように思います。

 人と関わることに苦しみ、悶々としながらも、関わり合い、ふれあい、遊びあうことが

今とても大事で、人が本当は求めていることではないかと、研究所卒業生をみてい

感じます。

  

 連絡先:劇団風の子

     電話  042-652-1001 

     e-mail  tokyo@kazenoko.co.jp


 
  

 

 

 

研究所とは

日本で初めて児童演劇の研究所が生まれて、35年。
ここから巣立った者たちは、劇団の俳優やスタッフ、
また、子どもたちと関わり合う様々な分野で活躍しています。

この研究所は、「遊び」を中心に据え、「遊び心」を鍛え、イメージの世界で遊ぶ楽しさを、授業を通して
研究し、獲得していく場です。
生きること。それは表現すること。
個性を発揮し、豊かに表現することは「自分を創る」ことに繋がっていきます。
一緒に遊び、考え、感じ合い、未来を創り出す仲間とたくさん出会いを!

生きること、それは表現すること

 

 ・講師紹介  ・卒業生より  ・授業内容  ・募集要項


お問合せはこちら