「劇団風の子」は日本全国及び海外での公演をしている児童演劇専門劇団です
 
HOME > 風の子とは・・・ワーク先生対象

 

先生方対象(一般の方の参加もできます)

小五教育技術2015.10月号に
「学芸会・初めての演技指導」大澗弘幸
が掲載されています。書店でご覧ください。


 
子どもの心と向き合うための

演劇ワークショップ
 

ご要望によってどこへでも伺って行います。是非お問合せください。
 

プログラム 

 

 
 イメージドラマを遊ぶ 

−生きることそれは表現すること−

遊び・遊び合い−関わり・関わり合う
心と体を開放し楽しく“遊び心”を磨くワークショップ
 手、顔、体全体を使って、イメージの世界を楽しく遊び合う。うまい、へた、できる、できないにこだわらず、今の自分をそのまま出すことからの出発。集団で表現する楽しさを通じて、新たな自分を発見し、コミュニケーションの原型を探ってみよう。

二人組で体を寄せ合ったり手をたたいたりしながら、心と体の準備運動。
・つないでつながって、あたらしいあそびをみんなで見つけよう。
・二人でお手玉、みんなでお手玉。
ほか

◆講師:中島 研
1970年、劇団風の子に入団。演出家。現在まで、子どもの視点にたった実験的で新しい作品を創り続けている。海外での活動も盛んで2002年日韓合同公演「マンナム」の演出をはじめ多くの国で作品が上演され、高い評価を得ている。
2006年より風の子国際児童演劇研究所所長。

 

 


 表現ワークショップ

—遊びを通して表現力、コミュニケーション力を発見!—

 遊びの中には、表現すること・コミュニケーションがたくさん含まれています。このワークショップでは、実際に遊びながら、表現すること・コミュニケーションのの楽しさや難しさを参加者と発見していきます。

◆講師:大澗弘幸
1985年、劇団風の子入団、主に小学生、中学生対象作品。近年は小作品の演出、創作、脚色において実験的な創造を続けている。風の子国際児童演劇研究所講師。小学校の学芸会指導、幼児から小学生の「あそびの学校」ほか、子ども達と多彩な遊び会を展開中。

 

 

 



  朗読・群読・表現読み


 からだと心の解放を自ら体験し、表現することの喜びを味わい、子どもたちをどうイキイキさせたらよいかを探ります。

・保育および教育と遊び
・小学生の「読み」の指導の実際。範読、文章の段落分け、音読み・群読・表現読み
・教師の技術としての演劇的手法 

◆講師:福島 康
 劇団風の子東京所属。1931函館市生まれ。小学校教員勤務の一方、演劇活動を行ってきた。「低学年の劇指導のあり方」等々を全国教育研修会で発表。現在、幼児と親のための表現あそび、保育士・教師のための演劇教室、中・高生のための講座、俳優養成などを行う。岐阜大学教育学部講師。著書「一点集中」「表現能力育成法」。

 

 



 
 ただいま笑顔・満開・劇あそび 

 子どもはみんな天才役者です。なにしろみんな、まねっこの大天才なのですから。おままごとをしているときの子どもたちの演技は、名役者も思わず「参りました」と言ってしまうほどの、なりきりと観察力です。でも、幼稚園保育園の劇発表会や練習の時、子どもたちの目が輝いていないことがあるのはなぜでしょうか。

・年齢にあわせて毎日できる表現あそび
・題材の選び方
・幼児の劇の稽古の進め方
・劇発表会当日の流れ
・演出について
ほか

◆講師:大森 靖枝
 劇団風の子東京所属。京都の人形劇団で公演活動後、1980年に劇団風の子入団。幼児対象の「小さい劇場」班に所属し、近年は親子劇ごっこ「森のたぬきさん」等の観客も巻き込んで楽しむ公演や、保育士・幼稚園研修会、子育て表現遊びの講座を行う。著書「なりきりあそび」「ワクワク表現あそび」等

 


お問合せ
風の子東京事務所
 
TEL03-3466-8339 FAX03-3466-0237

または下記の「お問合せフォーム」からご連絡ください。