「劇団風の子」は日本全国及び海外での公演をしている児童演劇専門劇団です
 
HOME > 幼稚園保育園作品なんかよーかいご意見・ご感想
ご意見・ご感想 

なんかよーかい

●普段の生活の中で、理屈でわりきってしまっていることが多く、視点を変えてみることで楽しくいろんな想像をしてみることができるのだなあと感じました。子どももわらべうたが大好きで、自然と引きつけられていました。(大人)

▲細かいところまで心のよく行き届いた、とてもよい舞台でした。3人の俳優さんがそれぞれよい持ち味でした。わらしが「誰も遊んでくれなくて・・・」と石になってしまった理由を話すシーンでは、涙がこぼれてしまいました。3人が楽しげに遊ぶシーンでも。(大人)

■スキマンダーの声やどうさがおもしろかったです。のんのんばあがあそびわらしとスキマンダーと楽しそうにあそんで、あそびわらしがうごけて、うれしそうでよかったです。ドアが三まいでいろんなせかいがあっておもしろかったです。(小2)

◆「のんのんばあ」のゆったりした口調に大人たちがどこか懐かしさを感じている間に、子どもたちは、すーっとお話の世界に入り込む。それがこの劇の始まりでした。
「なんか よーかい」 怖いお話かな?それとも喜劇? そのネーミングにワクワクしながら、親子一緒に「よーかい」の世界を楽しみました。
観劇後、幼稚園の中で何かがなくなると、「スキマンダーかな?」とニヤッと笑いながらスキマンダーのポーズをとる子どもたち。仕掛けいっぱいの舞台もみどころですよ。(東京、武蔵野相愛幼稚園 教諭 川上恵) 

●もし、ようかい遊びわらしがいたら、いっしょにあそんであげようと思いました。(小4)

■すきまんだとわらしとおばあさんが3にんであそんでいるところがたのしかった。(幼児)

●おじぞうさんからわらしにかわったところがよかった(小1)

 

■楽しくて、最初から最後までよく笑えました。心のすきま・・・にドキッ。昔からのあそびも楽しそうで、仲間に加わりたくなりました。(大人)

●子どもが集まって遊ぶということがなかなかできない環境です。相手のことを思いやったりすることの大切さを感じました。何もない空間が不思議世界にひきこまれるようでした。(大人)

●ばあちゃんのようなあったかい目で子どもたち、ようかいたちをみまもりたい。わたぼっこが気に入った。自分の子どもが大きくなってくると、小さな子どもたちのピュアなリアクションがかわいくてしかたがない。こわくて半泣きになりながらも最後までみていたちびちゃんたちもかわいかった。がんばったね・・・。(大人)

▲懐かしい遊びがいろいろ出てきて、昔の子ども同士の楽しい空間を思い出しました。近所の空き地で男の子も女の子も年の違いがあっても一緒にやったお店やさんごっこ・・・。40年以上生きてきて、初めてようかいの世界を覗きました。のんのんばあのペンダント・・・。(大人)

■あそびわらしが固まってしまわない子どもの世界でありたいなと思いました。わらしがお地蔵様からもどるところで、顔を真っ赤にしているわらしと同じように、子どもたちが息を詰めてみていたのに感動しました。(大人)

■3人であっぷっぷをしていたところがすごくわらえました。ひみつのドアみたいのもおもしろかったです。(小4)

●とてもよかった。すずをならすところ、シャベルがでてくるところ。(小3)

▲いいところはわらしがとびはねたところです。またやってほしい。(小2)

■あそびわらしがかわいかった。すきまんだがおもしろかった。おばあちゃんは、話がおもしろかった。(小4)

◆幼稚園保育園作品一覧と公演スケジュールのページへ