「劇団風の子」は日本全国及び海外での公演をしている児童演劇専門劇団です
 
HOME > 幼稚園保育園作品いつかきっと

いつかきっと


劇団風の子 作品 (秋田)       

いつかきっと

しんまいじいちゃんと、ほやほやばあちゃんが子どもたちに語りかける二つのお話、心温まる舞台!

作品について


初孫ができて大喜びの二人。息子が父親になったうれしさと、懐かしさで、二人は孫にお話をいっぱい語って聞かせたいと思い出がつまった息子のおもちゃ箱をひっくり返し始めました。
 じいちゃんの優しい語りと生きているようなきつねの子に、ばあちゃんのユニークないのししおじさん。
 ばあちゃんの勢いに、いろんな役をさせられながらも楽しんでいるじいちゃん。
“いつかきっと”という思いにあふれたお話です。

●じいちゃんのお話は
『つりばしゆらゆら』作/もりやま みやこ(あかね書房刊)
●ばあちゃんのお話は
『おぼえていろよ おおきな木』作/佐野洋子(講談社刊)
 「つりばしゆらゆら」は、1986年の初版から76回も版を重ねている作品で、“いつかきっと舞台作品にしてみたい”と思っていました。子どもが喜ぶだけではなく、「頑張ればできる」と子どもに叱咤するおとなをドキッとさせて、何度か読み直したくなるお話です。
 「おぼえていろよおおきな木」は、ひげのおじさんの身勝手さを笑っているうちにおや?と自問自答したくなる、ちょっと変わったお話で、1992年の初版から、「子ども達が大好きな本」だと、幼児教育の現場の先生から紹介していただきました。
 今もきっと世界のあちこちで新しい生命の誕生があることでしょうが、♪ハァーこれがほんとのおめでタイ!と、おもちゃ箱から出てきた南京珠すだれを使って、即興で鯛を作りながら孫の誕生祝いに奮闘するおじいちゃんとおばあちゃん同様、その誕生を祝う父母、爺婆がいることを願っています。(神田成子)
 
   

公演にあたって

作品名 いつかきっと
上演時間 50分
準備時間 2時間半
後片付け 1時間
公演班人数 2人
会場条件 間口4間、奥行3間
備考

スタッフ

構成・演出/神田成子 美術/浅野井優子 音楽/信坂みどり
道具製作/清水利章 制作/宮下雅巳