「劇団風の子」は日本全国及び海外で公演をしている児童演劇専門劇団です

 
 

042-652-1001

まるさんかくしかく

HOME > 幼保対象作品 > まるさんかくしかく

小さい劇場~まるさんかくしかく~

―まる・さんかく・しかく―

かたちはそれぞれちがうけど ぼくたちなかよし3人組

いつもニコニコまる まあるいものがだいすき

いつもシクシクさんかく えーん さんかくってとがってる

いつもプンプンしかく ドシンドシン しかくはしかく

きょうはなにして あそぼうかな

 

作品について

まる・さんかく・しかくをつかって

いろんなものをつくってみよう!

かたちあそび・・・

かたちあそび

 むかしむかし、三つの国がありました。

「みなさん、きいてください。わたしの国では、おうちがまるくてこまっています」

 まるの国の大臣が、さんかくと、しかくの国の大臣に相談しました。

 ところがところが、さんかくと、しかくの国でも、こまったことがありまいした。さて、さて…

 

 

小さなおしばい「とべたよ、とべた」・・・

 

 作/森山京 画/梶山俊夫「へびくん ぞうくん」(小峰書店刊)より

ある日、動物村の村長さんがいいました。

「こんどの日曜日、かくし芸大会をします」動物たちは、大はりきり。

「ぼく、なにをしようかなあ…」

「おーい、へびくん、やることきまった?」

「えー、ぼく、なんにもできないよ。どうしようかなあ。

上演のあたって・・・

 一九五〇年、東京の世田谷で生まれた劇団風の子は、「子どものいるとこ、どこへでも」と、全国各地を飛びまわり、保育園や幼稚園や児童館、小・中学校の演劇教室、子ども劇場などで公演を続けています。

 「小さい劇場」がうまれたのは一九八一年で、もう三十五年以上たちました。

 幼児はもとより、保育園の乳児たちにも楽しんでほしいと願ってつくった作品で、小さな子どもでもちょっと手をのばせばふれることができる身近なものを使い、みる子どもたちの生活空間を共有しあいながら、一緒につくりあげるお芝居です。

 公演活動を続けるなかで、作品も少しずつ広がり、新しいプログラムも生まれました。どのプログラムも、子どもたちが想像力を広げたり、ふくらませたりできる遊びがいっぱいです。

 これからも、子どもたちと共に歩み続ける「小さい劇場」でありたいと思います。

公演にあたり

作品名 小さい劇場~まるさんかくしかく~
上演時間 45分
準備時間 2時間30分
後片付け 1時間
公演可能時期 2018.7月、2019.1~3月
公演班人数 3人
会場条件 4間×2.5間
備考  

スタッフ

脚本/信坂みどり 演出/森野紀治 美術/浅野井優子
制作/田中美和    
     

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

Copyright (C) 2017 Gekidan Kazenoko All rights reserved.